セラミドは少量で高い機能性がある

セラミドは少量で高い機能性がある

セラミドは、一日0.6~1.2ミリグラムといった少量の使用で、保湿作用や美自作用、さらにシワの改善作用、あるいはア卜ピー性皮膚炎症状の緩和作用、美肌保湿作用だけでなく、掻淳(かゆい所をかくこと)を軽くする、抗掻淳作用、また大腸ガン発症抑制作用などで、非常に幅広い機能性が明らかにされてきました。

 

肌は紫外線などに対して、皮膚を守るために、メラニン色素を作る細胞、皮下のメラノサイトを活性化します。

 

しかし、これはシミの原因となるのです。セラミドには、コメ由来や大豆由来それぞれに、メラニン生成抑制効果のあることが確認されています。

 

セラミドにおける効能としては、琉球大学の吉見教授らのグループ、神戸大学医学部教授の市橋正光博士(現・名誉教授)などが報告をしています。
それを具体的にのべておきます。

 

① アトピl性皮膚炎の改善
②大腸ガンの予防
③乾燥肌の改善
①美自作用
⑤シワの改善
⑥シミの予防
⑦肌荒れの改善
③肌のタルミの改善そうよう
⑨抗掻淳作用
⑩ メラニンの生成抑制
⑪バリア機能の向上
⑫抗酸化作用
⑬ ストレスの予防
⑭皮膚細胞の再生作用他。

現代の生活環境においては、肌にとって相当に厳しい現実です。
また、加齢によって皮膚の水分保持量なども減ってきます。
例えば六O歳代の九O%の人は乾燥肌ともいわれています。
したがって、年齢を重ねると同時に日頃から肌のケアを大切にすることです。
つまり、毎日セラミド補給をすることが理想的なスキンケアといえるのです。

 

セラミドは少量で高い機能性がある 関連ページ

美肌作用以外の生理作用
大腸ガン細胞への効果     経口的にセラミドを摂取し、大腸ガン細胞に対して、アポトーシス […]
ヒト皮膚線維芽細胞賦活作用
コメやコンニャク、コーンや小麦由来のスフィンゴ糖脂質の、ヒ卜皮膚線維芽細胞賦活作用が検討された結果、小麦以外の […]
美肌作用プラスの生理効果
皮膚は表皮層と真皮層に分けられますが、真皮層はコラーゲン、エラスチンというタンパク質とその聞をうめる、ヒアル口 […]
セラミドは植物性と動物性がある
これまで化粧品の素材として合成セラミドや牛由来の動物性セラミドが利用されていましたが、動物愛護やBSE(牛海綿 […]
塗っても食べてもよい美肌素材
セラミド(スフィンゴ指質)の植物由来のものについて、それぞれ消化、吸収、代謝の研究が、一九九四年に報告されまし […]
セラミドは皮膚の保湿や美容に有効
セラミドは、一八八四年ドイツの医師によって、ヒ卜脳中から発見されました。   その後、皮膚や細胞膜中 […]
Hello world!
WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !