セラミドは皮膚の保湿や美容に有効

セラミドは皮膚の保湿や美容に有効

セラミドは、一八八四年ドイツの医師によって、ヒ卜脳中から発見されました。

 
その後、皮膚や細胞膜中にも含まれることがわかってきて、生体内の生理的役割や薬理的応用について多くの研究が進められるようになりました。

 
今日、皮膚の保湿や美容に有効な物質として注目されています。

 
人の皮膚は、表皮、真皮、皮下組織からできています。

 

 

セラミドはその外側の角質層の部分になるほど多く含まれていて、細胞間脂質の主成分となり、40~60%を占めています。

 
その生成は、グリコシルセラミドからセラミドになって蓄積されるのです。

 
また、皮膚に含まれるセラミドは、単一の成分でなく、六種類の異ったタイプのセラミド分子から構成されています。

 
その構造の基本は、長鎖塩基であるスフィンゴシンのアミノ基に、長鎖脂肪酸がアミド結合したセラミド骨格に、グルコース(糖)が結合したものです。

 
生理的には、セラミドは皮膚の最外層での水分の保持や、外部からの保護、つまりバリア機能を保つために重要で、またアレルゲンの侵入防止にも役立ちます。

 
このセラミドは、加齢に伴って徐々に減少していくことがわかっています。

 
また、乾燥肌やアトピ|性皮膚炎などの肌では、セラミドが著しく減少していることが明らかにされました。

 

 

それらのためにセラミドを補給すると、経口的にも、塗布によっても補給することで改善されることが明らかになってきたのです。

 
セラミドの基本骨格であるスフィンゴ脂質という名は、ギリシャ神話の謎かけの怪獣「スフィンクス」に由来し、機能が不明で謎の物質という意昧だとされました。

 

 

その後、研究が進むにつれて、その多くの生理効果が明らかにされてきました。

 
その存在は、多くの動植物に広く分布していますから、数多くの分子種が確認されてきています。

セラミドは皮膚の保湿や美容に有効 関連ページ

美肌作用以外の生理作用
大腸ガン細胞への効果     経口的にセラミドを摂取し、大腸ガン細胞に対して、アポトーシス […]
ヒト皮膚線維芽細胞賦活作用
コメやコンニャク、コーンや小麦由来のスフィンゴ糖脂質の、ヒ卜皮膚線維芽細胞賦活作用が検討された結果、小麦以外の […]
美肌作用プラスの生理効果
皮膚は表皮層と真皮層に分けられますが、真皮層はコラーゲン、エラスチンというタンパク質とその聞をうめる、ヒアル口 […]
セラミドは少量で高い機能性がある
セラミドは、一日0.6~1.2ミリグラムといった少量の使用で、保湿作用や美自作用、さらにシワの改善作用、あるい […]
セラミドは植物性と動物性がある
これまで化粧品の素材として合成セラミドや牛由来の動物性セラミドが利用されていましたが、動物愛護やBSE(牛海綿 […]
塗っても食べてもよい美肌素材
セラミド(スフィンゴ指質)の植物由来のものについて、それぞれ消化、吸収、代謝の研究が、一九九四年に報告されまし […]
Hello world!
WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !